自宅で可能な猫の輸液療法〜三鷹獣医科グループ



慢性腎不全の猫のための自宅療法、自宅で飼い主の方が行う皮下輸液療法の方法を動物病院・三鷹獣医科グループ院長小宮山が説明しています。
慢性腎不全の猫に一番必要なものは水分であり、この水分補給は注射で行為のが最も確実なのです。この水分補給のために飼い主の方が毎日、何回に分けて自分の猫に皮下注射を行います。
特に重度の慢性腎不全の場合には、毎日病院に行って治療を受け入れるのは大変なことです。そのような場合には、自宅で輸液療法を行うと多量の場合猫の寿命が伸びます。
すべての飼い主の方に行くとは限りませんが、またも行えば確かに有効な方法です。
実践する場合は、必ず動物病院に指導を受けてください。

猫の慢性腎不全

再生回数:1366196273
高評価数: 101 低評価数: 31
検索キーワード:猫

投稿日時:2013-04-17 10:57:53

ビデオID:wwTRuZqWiTY

投稿チャンネルID:UClyYbqgbLRJZ2OduTopo7dw

ソース元動画はコチラ

3 comments

  • わりひま 4年 ago

    あなたは何回刺すんですか?
    実験やん。役に立つと思ってみてたけど、
    見てて腹立たしい。この子も可哀想に一回刺すところを見ればそれがわかるし、

    そもそもこの子が腎不全なんでしょうか?誰の家の猫でしょうか?そこられへんの野良猫とか言うたらほんまに許さへん

    Reply
  • Johnny Rourke 4年 ago

    参考になりました

    Reply
  • Zabuta neko 4年 ago

    腎不全ではありませんが、10歳超の元野良にゃんこのお腹の調子が悪く、脱水になっているということで、整腸剤の服用と合わせて自宅での皮下補液をすすめられました。病院で1回、自宅で2回、何とか成功しましたが、もっとスムーズに、猫が楽に哺液できるようにこの動画をみて勉強しています。

    Reply

Add your comment

Your email address will not be published.