猫のご意見番大人気の元捨て猫のマンチカンのミルくん騒動猫ブームに潜む問題なの写真集発売



可愛い猫の写真集発売のニュース、そこには発売の正当性に於ける弁護士の見解なども書かれて···
いったんどういうことが起きてしまっているのですか

8月15日19時頃、ついに五十嵐氏まででTwitterのアカウントに鍵をかけてしまったこれでミルママと同じ状態になった

(知恵袋)
2/3「拾った日」
2/4 1か月の子猫が来るように書き込むことがある
2/5「1か月のマンチカン」と書いて写真もアップ
2/6「子猫の里親になりました。マンチカンです。後日元飼い主から3万円を振り込むように請求されました。」とツイッターで譲り受けたと書き込む
こちらは知恵袋での質問

 ★2/6「マンチカンなのですが、この色や柄は何かいい名前ですか?何でしょうか?」と写真アップ
この写真がブログの「出会い」の写真と完全一致

2/8「この子はクリームタビー?クリームカメオタビー?マンチカンです」と写真もアップ

(2/10ツイッター開始)
2/23「純血なマンチカンのオスについて」と「純血マンチカン」と書き込む
Twitter上でマンチカンが3万円で売買されていた

ミルママが知恵袋で聞きましたと言ってしまった

12年前の拾ったエピソードがそっくりなブログ
ミルのひとりごと

岩合光昭氏への暴言

五十嵐氏の岩合さんへの暴言はミルクンとは関係がありません
猿が恋したのは2015年2月13日前です
スクウェアをとって五十嵐氏に削除しても無駄とTwitter上に上がった日付です

アマゾンのレビュー
予感通り荒れています(低評価のレビューは少し残っています)
こんにちは、ミルくん単行本 – 2017/8/12
五十嵐健太(著)、ミルママ(著)

削除されたレビュ
 
 
 
 
 

 

知恵袋に対する何でも弁明しないミルママ
現時点では極限黒に近いグレーゾーン
ミルくんの飼い主は一般人でしょうネット上の出生詐称くらいなら別に謝罪する義理もないで思います
これが本を出版して金銭が絡んでくるとなるとどうかしょ···
Twitter上で3万円で猫を売っていた人も名乗りでないだろうね
愛護法で定定された日数未満の売買の違い法です

★スクシオのURLはネット上にあったものを使いました

うだま氏の動画
★猫のご意見箇所被害のもの・コスプレ〜節約するとこってどこよ

再生回数:1502613000
高評価数: 657 低評価数: 27
検索キーワード:猫カフェ

投稿日時:2017-08-13 08:30:00

ビデオID:8Yt545Ul8HU

投稿チャンネルID:UCynURu72A71GmEVQcsZXcKQ

ソース元動画はコチラ

41 comments

  • 雲ゆえの 4年 ago

    最近某youtuberが猫さん飼い始めたんですが、なんか心配です。

    Reply
  • Kamui Garden 4年 ago

    掘り下げれば数多出て来る”日本ペット業界の闇”の一角に過ぎないのでしょうね
    表面化・炎上する事でより多くの人々に認識され問題意識を持たれた方が良いと思います
    何も知らない猫が可哀相
    ミルくんの行く末が心配です。

    Reply
  • 08nan ko05 4年 ago

    岩合さんのテレビはよく見ています、猫ちゃんへの愛情を感じます。そして五十嵐さんは名前を売るために岩合さんに変なコメントを残して話題を作るためにそのように(岩合さんにかみついて)したと感じますあくまで個人的感覚です。
    私は猫ちゃんが好きですが一緒に暮らすことができません、Afroさんの動画をとても楽しみにしております。

    Reply
  • 寺尾知子 4年 ago

    頭の中がお金だらけの人間はいつか不幸になるから、ほっといても。
    あにゃんとブルーさんがなんか言っても、金の亡者は変わらないから。
    こういう方々はほっときましょ。
    ブロックされてよかったですね、良くないご縁が望むより早く切れたんだもの。
    あまり気にしすぎないでくださいね。
    違う世界のお話と思った方が余程あにゃんにも幸せかと……。

    Reply
  • A K 4年 ago

    コメント失礼します。
    いま家で飼っている猫はネズミ捕りに捕まり、いきたままゴミ袋に入れられ捨てられていたマンチカンが混ざった雑種の猫です。
    なので、捨てられた猫の話が作り話だとするととても腹立たしくなります…。
    そんな話を作り話にするなんて酷いですよね(;_;)

    Reply
  • sora neko 4年 ago

    またまた日本の悪い所ですね。
    本当に保護という言葉を使うと良い人に見えて、それを使って金儲けする人ばかりです。
    チョット前にもそんな人いましたねw

    Reply
  • ごろぴかり 4年 ago

    まあ、クロですよね。もう全てに腹立たしい。

    Reply
  • 松型駆逐艦槇 4年 ago

    我らの猫神様、岩合さんを猿呼ばわり!?
    許せませんね!!

    Reply
  • たろちゃん 4年 ago

    人気猫マンチカンを捨てるなんてまずありえないなぁ〜とミルくんを見るたび思ってたんですが。やっぱり!!!そうだったんですね…猫ちゃんはなんだって可愛いのに…何でつかなくていい嘘をつくのかな?

    Reply
  • jina koji 4年 ago

    家は、代々保護ねこさんとしか生活していません、初代はなんと21才まで頑張ってくれました、今のにゃんこは2代目で、まだ2歳ですが。

    Reply
  • youbemi 4年 ago

    はじめまして、楽しいだけではない記事が多くていつも色々と考えながら拝見しています。いつも色々と調べてくださっての報告ありがとうございます。
    実は、ちょっと混乱してしまったので今回は勇気を出してコメントをしますね。
    岩合さんの件でこのページに載っているURLをたどってみましたが、ツイッターの中では記事が古い(削除されているし)ので関係者をたどるのも難しくそれがなんなのか?なんの証明になるというのか?編集された部分があったり、「ミル」ちゃんの件でも元記事を探しても途中で切れたりして残念ながら確認することが困難でした。(猫ちゃんは同じに見えました)。
    五十嵐さんのツイッターに行ってみてもご本人も抽象的な書き方をされているので誰が何をどういったのかが皆目わかりません。
    ただ私の情報としては、
    五十嵐さんが「飛び猫」写真集を出すのを知ったのは、ある企業のホームページでした。
    その時に確か「初の写真集出版」といっておられたように記憶していてそれが「飛び猫」でした。
    で、その時にわたしは既に岩合さんの「猫が飛んでいる」動画と写真を知っていましたので、「あらら、これは?」と思ったのを覚えています。
    これらの時系列は調べればわかると思うのですが、今回の「ミル」ちゃん問題とは別に「飛び猫」発売当時に私と同じように感じた方が、五十嵐さんのところへ書き込んだのが発端で?色々と言い合いになっていたようですね。
    更に今回起きた「ミル」ちゃん問題とこんがらがってしまっているのでは?とおもいました。
    ただ五十嵐さんは飛び猫は今から「6年くらい前からか撮り始めたのは」とツイッターで書いておられますね(表紙の写真の説明は違っていたと思いますが写真集を持っていないので中のことはわかりません)。
    調べてみたいみなさまの参考までに書いてみましたが、かえって混乱を煽ることになるようでしたら、ごめんなさい、削除してくださいませ。

    Reply
  • komioromen 4年 ago

    岩合さんは、猫ブームが来る前からエッセイ小説など猫写真集や動物写真集を出してる人。私も大好きです!
    五十嵐?知らないなあ…
    情報が少ないのかな?

    Reply
  • Yu Tanaka 4年 ago

    ネコリパも酷かったですが、これまた酷いのが出てきましたね・・・。
    知恵袋の記事で、回答者の人が思いっきり「ミルママさん頑張ってください!」と書いちゃってるコメントを発見。質問者、否定していません。魚拓採っておきました。まだ知恵袋で公開されています。

    ttp://archive.is/vIPPx

    ちなみにプロフィールが「男性」になっている。無理があるだろ・・・

    Toggeterも作られてました。既出だったらご容赦ください。

    ttps://togetter.com/li/1139799

    この人、保護猫をすでに3匹目を迎えているって・・・。I嵐氏の次の本と関連してそうですね。酷い話です。

    Reply
  • さいきじゅんこ 4年 ago

    なんか…ミルくんが可哀想。ミルママとかいう方が嘘をついてるのか真実を言ってるのか分からないが、1度出版をやめた方が良いかなと思います。( 出版されてるんですね。)まあ、出版にお金がかかってるから簡単にはやめれないんだろうけど。五十嵐健太さんのツイッターもタグから見ましたが、確かに暴言ですね。裏で何かしらあるんだろうなと思います。

    Reply
  • shiro. w 4年 ago

    初めまして。いつもあーにゃんや猫さん達の動画に癒され、楽しみにしています。
    このミルくんの件といい首相と呼ばれている方の件といい、いい大人がちゃんと説明できない、嘘をつくということが残念でなりません。この人達は本当の本当に猫を愛してるんですよね?猫を大切にしてるんですよね?それだけが気がかりです。
    猫ブームの裏側の闇が深いというのもAfro Blueさんの動画で知りました。ありがとうございます。
    まだまだ自分は知らないことだらけなんだと思います。
    これからも動画楽しみにしています。

    Reply
  • 里芋 4年 ago

    最近拝見するようになり初めてコメントします。
    今回こちらでミルくんを初めて知りました。
    可愛い猫さんですがミルくんは飼い主が選べなかったので利用されてちょっと気の毒ですね。
    そのてんあーにゃんはアフロさんを飼い主に選んでアプローチをして見事に幸せな暮らしを得ましたね。
    野良猫さん達はもしかしたら相思相愛になれる飼い主さんを探しているのかもしれませんね。

    Reply
  • m m 4年 ago

    猫で商売してもいいと思うんだけどね、可愛んだから。アイドルと一緒。
    でも嘘はよろしく無いよね
    ”元捨て猫のマンチカン”を重要視する人にとっては詐欺だもん

    Reply
  • 大泉喜一 4年 ago

    岩合さんのBS世界のネコ歩き、放送開始時より拝見しています。自然体な感じがとても大好きです。
    この五十嵐さんと云う方の写真集(こんにちわ‥‥)レビューあまり良くないですね。
    だいたい、この方知りませんでしたが。
    他の記事の事はさて置き、岩合さんを人種差別よばわりしてましたが、岩合さんが
    何かしたんでしょうか?
    そもそもこの方も同類ではないでしょうか?
    何気に削除して、知らんぷりなんですかね。
    ペナルティを受けるべきですね、この方は。

    Reply
  • conatantan 4年 ago

    説明欄見ました
    つまり
    「ただの可愛い猫の写真集では売れないので
    猫の生い立ちを買われた猫から
    捨てられていた猫に捏造した」
    って事ですか?

    Reply
  • kaかずみ 4年 ago

    いつもありがとうございます。
    五十嵐さんのTwitterを覗いたら、言葉使いがちょっと…動物好きな方とは思えず残念な気持ちになりました。

    Reply
  • roiyaru Miruku 4年 ago

    寝てるふりして聞いてますね!

    Reply
  • ぴんぽん 4年 ago

    事実がどうかは分かりませんが、ミルくんが大切にされていたのか、今、現在も幸せに大切にされているのか、それが一番の気がかりです。人を騙すのは間違いなく悪いことですが、それによって、ミルくんに元気や癒しををもらっていた人が減ってしまうのはとても残念です。
    (まだ、すべてが明らかになっていない以上、軽い口は叩けませんが…)
    写真家の方も、同じ生き物を撮影して、たくさんの方々にみてもらい幸せな気持ちを届けているのですから、同業の方にはリスペクトをして頂きたいです…

    Reply
  • 高畠敏美 4年 ago

    人気ネコちゃんの、マンチカンが、捨ててあるわけないような気がしますが・・・
    ミルママ、自分が、正しいのなら、ROCKを、かける必要あるのでしょうか?疚しいとこがあるから、そう言うことしなきゃいけなくなるんでしょうね!

    Reply
  • ママすず 4年 ago

    いかなる経緯で猫や犬達を飼うようになっても終生飼育覚悟で家族に迎えるのは、本当に当然だと思います。引っ越しで粗大ゴミのようにそれまで飼っていた猫を捨てて行った飼い主の話を聞いて本当に腹だたしくて悲しくなりました。こう言う人もいるんですよ❗許せないですよね。

    Reply
  • 推進委員会マジレス 4年 ago

    うちの猫たちは飼い主選んできましたけどね_(:3 」∠)_
    ちゃんと関係築けないなら一緒に暮らす資格ないですねぇ

    Reply
  • ニャンコ仮面ビバ 4年 ago

    出版社に直ぐに、猛烈なクレームを入れてやります。

    Reply
  • 李梨園 きんと 4年 ago

    毎回、貴重な情報を公表してくださる、afro Blue様には感謝しております。
    しかし、afro Blue様の情報源はすごい!の一言です。
    動画と説明欄を拝見して、色調にして99.9位のグレーだと感じました。

    さて……最近の日本では『保護猫』と書いて『かねのなるき』と読むのですかね。
    過日の保護猫カフェといい、今回のミルちゃんの件と言い……
    自腹を切ってまで野良猫達を保護する方々をバカにしている様にも感じます。
    来月の出版がどうなるか、私も楽しみですwww

    Reply
  • E Koro 4年 ago

    ミル君には何の罪もないのにこんなことに巻き込まれてかわいそうです。
    猫ブームの弊害がアンチ猫ブームを招かない事を祈ります。

    Reply
  • E Koro 4年 ago

    ミル君は可愛い何の邪気もない

    Reply
  • わさび わさび 4年 ago

    純粋に猫が好きなだけです、という純粋な方はいないのかな?すぐ商売に走る人がいるよね。ブームにのる人って。嫌だな。

    Reply
  • Satokichi 1212 4年 ago

    ミル君の生い立ち❣彼は知ってます❣…どんなことであれ真実をまげて公表すれば心が痛くて辛いのは当事者さん。気づいてくれることを願います。

    岩合さんには数年前の夏にお会いしました。猫歩きで見せてくれてる印象そのまま。益々ファンになりましたよ。静かな語り口大好きです。

    Reply
  • サムサフィ 4年 ago

    amazonのレビューもYahoo知恵袋の掲載が削除されてますね。
    何のため削除したのか?
    疾しい気持ち(状況)があったと疑われても仕方ないのかと。
    あと、岩合さんを猿呼ばわりは頂けない!

    Reply
  • やまだブラザー 4年 ago

    情報に疎い自分には初耳でしたが、いずれ嘘や不正ってばれるものですね。
    しかし岩合さんへの暴言はひどすぎますね。 無口なあ~ちゃんは何を考えてるのか気になりました。

    Reply
  • Tatsuhiko Ikeda 4年 ago

    岩合さんが全知全能の神で全て正しいとは思わないが、この写真家はあの様な口汚い言葉で攻撃したら自分の評価が下って困る事ぐらいも分からないような人なんですね。
    写真集はどうしても出版社が出版を強行したがっている様なので、よほど自信があるのか、いわゆる炎上商法でもいいから売り切ってしまいたいんでしょうね。いわゆる発禁本って人気が出ますからね。

    Reply
  • ザベンズ 4年 ago

    その写真家の人とその関係者本当に日本人ですかね?
    なんかお隣の国の臭いがするんですが・・・
    日本人が他人や著名人に猿って言葉を使うだろうか?まずいないよね

    自演して捨て猫にしそのストーリーも盗作?コピー大好きですね
    私は疑わしく感じてきましたよ
    日本人にも悪い人もいるけど日本人じゃないと信じたいね

    バカは動物を商売に使わないでほしい
    前も似たこと書いたけどネット集合知舐めすぎなんだって
    ずーーーーっと情報は残るんだよ
    デジタルタトゥーを知らないとこうなる良い例

    Reply
  • igarashi 16g 4年 ago

    違法としらずに売買に関わったミルママが、それを正直に本には出来ないからと、捨て猫を拾ったのだと作り話をでっち上げて無理矢理写真集を出したのではないかな、という印象を受けました。マンチカンというだけでも写真集は売れると思いますから、お金が欲しくて写真集出そうとした、けど本当のミルちゃんの出どころは語れない、だから作り話を…という流れなんじゃないですかね。そうだとしたら私はその写真集買わないですよ。その写真家の写真集1冊持っていますが、そんな人だとは知りもしませんでした。なんだか気分が悪くなる話ですね。

    Reply
  • kassy kassy 4年 ago

    マンチカンて捨てる人居るのですか?!信じられんわ>ω<また残念な人多いお話し悲しいね…
    岩合さんの事を!!
    世界猫歩きファンなのでその写真家て人こそ岩合さんのパ栗ではと、思ってしまう人の事云々て輩は、自分に自信が無いから言うのと嫉み嫉妬ですよね!!
    私は、岩合さんが来てくれた猫島へ4ヶ月前行って同じ場所で写メ撮れ嬉しい♪
    秋に世界猫歩きの映画も嬉しい♪
    あーにゃん先輩の後ろ姿も愛らしくて~嬉しい♪

    Reply
  • 南野美智子 4年 ago

    また残念なお話ですね 岩合さん大好きです 猫ちゃんにいつも紳士的に 向き合って自然な猫ちゃんを写し出してくれる とっても 優しく語りかけてくれる それはアフロさんと同じですね そうそう岩合さんにも いつも癒されてます あーにゃんにも 考えたら私は幸せものです ありがとう

    Reply
  • 佃孝志 4年 ago

    またしても日本の猫ブームの弊害が見付かったんですね
    猫を扱ったものなら何でもお金になる。そんな風潮が拡がってしまっているんだろうね
    こういった事はまだまだ増えるでしょう(*´・ω・)
    そしていつか大きな問題になって初めて行政も重い腰を上げる…かも。
    昔から日本はそうですよね、問題が大きくならないと動こうとしない。そんな中でもこうして問題提起してくれるAfroさんの姿勢は
    いつか大きな力になるかもしれません、それまでは小さな声でも発信を続けることが大事なんですね

    あにゃんには、御意見番としてまだまだ頑張って貰わないとね(^_^;)

    Reply
  • ちりめんじゃこ 4年 ago

    命がお金にかわる・・悲しい。私の友人が猫さんの写真を趣味で撮っています。瀬戸内で写真をとっていた時に気さくに話しかけてこられた男性がおられて、まさか!?と思いましたが、岩合さんでした。人にも
    猫さん達にも穏やかな方だったと話してくれました。それから、写真展に行きました。暴言はとてもかなしい・・悲しいことだらけです。

    Reply
  • 山下弥五郎 4年 ago

    あ太郎くんが終始、困った顔してるのが可愛くてそれが唯一の救いです(^^)

    Reply

Add your comment

Your email address will not be published.